フリーワークアウトと個人ワークアウト制度の支援を受ける必要があります。

今すぐ現金が必要だったりカード代がたくさん出たら他の融資を調べてみることになりますが。 ローンの返済にあたって急に延滞は免れますが、万一、問題が発生すると、より多くの借金ができ、大きな返済に困難を強いられます。 今日は、リボルビング、カードローン、キャッシュサービスなどローンの使い回しの解決方法についてまとめる時間を持ちたいと思います。

「融資の『回して防ぐ』とは?」
既存のローンを他のローンでまかなうことを意味します。 元々持っているカードローンやキャッシュサービスなどを利用して延滞を防ごうとする行為のことです。 昔はカードを利用して回し止めしたということで、カード回し止めとも呼ばれていました。

●融資の「回し蹴り」をする理由です


延滞防止です。

主にローンの回し蹴りをする理由は延滞が発生しないようにするためです。 韓国は3ヶ月を基準に、まだ基準月を超えていない場合は短期延滞、3ヶ月を超える場合は長期延滞です。 延滞記録は韓国信用情報院に残っており、長期延滞記録は最大3年まで保管されます。



償還猶予

償還猶予のために借り換えをする場合もありますが。 現金の流れが滞ったり、事業者や自営業者であれば未収金がまだ入っていない場合も使います。 もしくは資金ができる予定なので消費を早める時に利用したりします。

●融資の「回し蹴り」の種類です。


キャッシュサービスです。

最も広く使われる方法のうちの1つはキャッシュローンサービスです。 簡単に限度内で回数制限なく24時間すぐに融資が可能なため、融資の返済手段の中で最も多く使われています。 しかし、頻繁にキャッシュローンを組むことは信用格付け下落の要因になるため、ローンの返済方法を参考にする必要があります。



リボルビングです。

「今月のカード代金から一定金額を翌日カード代金に繰り越す制度のことです。」 リボルビングをご利用の際には、カード会社にリボルビング約定を結んでください。 一部決済金額が月額約定というリボルビングは、今月の決済金額に定めた割合を来月に繰り越すと移された金額に対する手数料を支払わなければなりません。 リボルビングの手数料は、最低5%~最高23.9%で、平均して年15%の利率です。 韓国の法定最高年率が24%であることを考慮すると、非常に高い利率です。



貸金貸し出しです。

貸金ローンとは、金利の高い高金利ロー폰테크ンを低金利への低金利ローンに変換することをいいます。 また、別の言葉では、乗り換え論と呼ばれています。 現在政府が支援中の大患貸し出しはヘッサルローン17があります。


カードローンです。

今や長期カードローンと呼ばれるカードローンは、キャッシュローンサービスよりも高い限度で長期間融資できるのですが、 一つの会社のカードローンが行き詰まると、他のカード会社を探したりします。 .

マイナス通帳です。

マイナス通帳を開設すれば、限度内で好きなだけのお金が使えます。 また、使った金額と使った日付に対してだけ利子を支払います。 もし利用期間を短くして貸し出すのであればカードローンよりはマイナス通帳を利用された方が良いです。



少額ローン

300万ウォン以下の小額ローンは負債状況や所得に対する審査を法的に免除されていますが。 そのため、百万ウォンの即時融資や30万ウォン50万ウォンのような小額融資をよく受けて融資の返済をすることもあります。



社債です。

ノンバンクでも融資を受けにくくなる程度なら、社債のことをお考えなのですが。 個人資金を貸してくれたり、月極ローン、日次ローンを探してみたりします。 しかし、このような貸付は金利が非常に高く、債務の解決が困難になるため、貸付の返済方法を必ず知っておかなければなりません。



不法貸付です。

信用不良者になれば貸し出しもできないだけで、不利益もたくさん受けますが。 だからフォンテックや耐久制ローンを探したりします。 このような不法融資は詐欺にあったり、金融秩序を乱す者になったりすることもありますので、受けないでください」。

●融資の「回して防ぐ」問題点です


信用格付け下落です。

延滞ができる瞬間信用等級は下がります。 そのため、様々な融資でその場の延滞を防ごうと思うのですが。 ここで問題点は貸し出し件数が多い方でも、この様なやり方で貸し出しを受け続ければ信用格付けが急落するということです。



堪え難い債務

ローンの返済方法で数件のローンが組まれるので多重債務になるのですが。 このように債務が増えると、管理が難しく、元金だけでなく利子まで手に負えないほど膨らみ、債務の解決が難しく、結局信用不良者になる確率が高くなる。

融資の「回し蹴り」の解決方法です。


正しい貸し出し手順です。

まず、ローンの正しい順序について正確に把握しなければなりません。 「ノンバンクからの融資のカードローンやキャッシュサービスを先に受けることになれば信用格付けが大幅に下がり、ノンバンクからの融資が受けにくくなりますが」 したがって、ローンを組もうとされる時、様々なローンの金利を比較分析して調べなければなりません。



信用回復委員会制度を利用します。

「現在、延滞するような状況なら、できるだけ早く信用回復委員会制度について調べる必要があります」。 一度ローンの回し蹴りを始めるとなると抜け出すのが大変難しいからです。 信用回復委員会の債務調整制度には利子の負担を軽減するフリーワークアウトと個人ワークアウト制度を通じて支援を受けなければなりません。

今日はローンの回し方の解決方法について勉強しました。 小額を借り入れたり、繰り越すことによる良くない消費習慣を見直しながら、普段の支出に対する管理を徹底して行ってこそ、債務の沼に陥ることができます。

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다