カクテルバーのシグネチャーである天使のアサガオでした。

「先日、親友らと久しぶりに会って、雰囲気のいい『シンリム·カクテルバー』に行ってきました。

ロマンチックな雰囲気はもちろん、長い経歴を持つバーテンダーが造ってくれる甘いお酒までとても満足できる新林ワインバーでした。

今回行ってきたカクテルアンドリムは新林駅の3番出口を出て3分だけ歩けば到着することができました。

大きな建物の3階から青い看板が遠くから見えるので、すぐ見つかりました。
そして、建物自体にはエレベーターがあるので3階まで上がる必要がなく、快適に上がることができました。

門を開けて入ると、甘美な音楽が穏やかに流れていました。

しかも照明もブラウントーンでほのかに 강남풀싸롱 照らされていたので、ロマンチックな雰囲気となっていました。

中に入ると、思ったより広い規模のホールが迎えてくれました。

2~4人席はもちろん、団体席も用意されているので、様々な集まりの場所にも最適です。

天井にはかわいい人形と共に新林ワインバーのコップがかかっていたんですよ。

館内にインテリアが施されており、見学することもできます。
そして人気のシンリムカクテルバーらしくダーツ機械も用意されていたんですが。

機械もたっぷり3台あり、余裕を持って楽しむことができて最高でした。

売場のテーブルの片隅にはワインがいっぱい入っていましたが。

新林ワインバーには様々な種類のワインが多く、好きなものを選んで食べられるのがメリットでした。

僕たちはカクテルを作る姿を、 直接見たくてバーのテーブルに来ました。

暗い雰囲気にライトアップされたほのかな照明が部屋中で、素敵な雰囲気が気に入りました。
テーブルの上に置いてあったカラフルなウォッカは、照明のように使っておくととてもきれいで、家に帰りたいくらいでした。

何よりも、シンリムカクテルバーの最高の長所は 保有しているウォッカがとても多様だという点です。

入手困難といわれるお酒を目にすることができるだけに、常連客も非常に多いですね。
一番先にキスザレインで軽く始めてみました。

海のように青い色合いで味も甘く軽いので、お酒が苦手な方でも美味しく召し上がれます。

続いて、カクテルの女王と呼ばれるマルティーニも注文しました。

軽く打ち明けてから、一緒に出したオリーブまで食べると、口の中がきれいになるのが記憶に残る味でした」。

これは友達の一番好きだと言って、 注文したモンキー47ジントニックです。

一口奪って味わうと、香水のように濃い香りが全身に広がる感じが恍惚となりました。

次はブンベイサファイアジントニックを 選択してみました。

シンリムワインバーの社長に言いますと、ウォッカの割合を別にしてくださるので強くお願いしました。

一口すすってみると、松葉の香りが濃くなり、トニックウォーターの甘い味に終わるので、飲むほど中毒性がかなりありました。

しかし、私の口に最もよく合ったのはアペロールスプリッツでした。

さわやかな香りから赤い色まで、飲む前に私の好みを完全に狙撃しました。
自分で飲んでみたら、オレンジとグレープフルーツのシトラスの香りが上品に漂い、甘くめくれていくと、2~3杯は飲めるような気がしました。
最後に味わったのは、シンリムカクテルバーのシグネチャである「天使のアサガオ」でした。

様々な飲み物を混ぜて作った妙な蛍光色が、見ただけでも魅力的に感じられます。
それにアルコール度数がとても濃いお酒なのに、大きなワイングラスに出るので、しっかり酔いたい。 する時に特におすすめしたいカクテルです。

続いて少し小腹が空いたので、 中にペパロニピザを注文しました。

注文と同時に焼きたてで、香ばしい匂いがすると自ずと食欲が沸いてきました。
すぐにピザナイフで一切れ食べてみたら、チーズがずっと増えるのが新鮮で良いチーズだけを使っているということが分かりました」。

一口大きく食べると、生地もサクサク、材料も多めに入れてくれるので、食事代わりにも完璧でした。

同じ場所で20年間運営してきた分、味とサービスの両方で満足できた新林ワインバーでした。

大切な人たちと楽しい時間を過ごすのに良い場所なので、ぜひ一度立ち寄ってみることをおすすめします。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다