これらの世帯の2020年の年平均家計支出は175万元(約3億ウォン)です。

「世界最大のブランド消費国はすでに中国です。 世界のブランド品市場は3000億ドルと推定されますが、3分の1以上(2019年基準35%)は中国人の財布から出ているが、その中の70%は海外旅行中にブランド品を購入していることが調査で分かった。 いわゆる約700億ドルのブランド品の購入は中国人の海外旅行中に行われるという意味です。 しかし、新種のコロナウイルス感染症(コロナ19)事態にも関わらず、中国人のブランド品購買欲求は強い反発傾向を見せていることが分かった。



イタリアブランド品メーカーのプラダの場合、2020年に中国内の販売がパンデミック発生以前の水準を上回ったという。



香港紙サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は16日、コロナによって2020年、海外旅行やショッピングがほとんど不可能な状況で、中国の消費者が3500億元(約540億ドル)を宝石や時計などのブランド品ショッピングに新たな挑戦を始めたと報じた。



電子商取引会社を運営する夫と一緒に南部広東省深センに住むレイチェさんは「コロナ開始前には年に数回海外旅行に行ったり、海外で数カ月休暇を過ごしたりした。 2020年には海外旅行に出られないという残念な気持ちを解消するため、時計やダイヤモンド、金をもっと買う方向に切り替えた」と話した。



いわゆる「Zipcok」によるストレスを、ブランド品の購入を通じて自分の幸福感を追求する現象が現れています。 いわゆる海外旅行に行けなくてもブランド品購買に対する’消費欲’が抑えられないという레플리카 調査が出た。



グローバル管理コンサルティング会社であるベイン社とオンライン流通会社であるティモールの名品部門は、2020年、中国内の嗜好品の売り上げが48%急増した3460億元(535億ドル)に達するという報告書を出した。



報告書によると、2020年、中国のオンライン流通分野における世界市場シェアは2倍近い20%に達し、このうち革製カバンと宝石が70%以上上昇しました。 既製服も40%以上増え、ラグジュアリービューティーも25%、腕時計は20%以上増えました。



胡潤·抱川投資顧問が発表した「2020年中国上流資産層品質生活報告書」によると、2020年中国には約158万人の高資産家(最低1000万元の投資可能資産保有)があり、これら世帯の2020年の年平均家計支出は175万元(約3億ウォン)になります。



韓国のプレミアムショッピングモールとホテル、自動車販売業者らは2020年下半期にも業種が著しく回復したと評価しています。



中国海南島の免税店の売上げは2020年199億9000万元で前年比191.6%増加しました。



結局、中国人が海外観光に行けない状況で、国内オンラインブランド品館や海南免税店のような国内人も購買可能な免税店を通じて購買する傾向にあるものと分析された。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다